腕シミができるくらいくっきり(40代・女性)

日焼けしてしまった原因は、子育てです。子育てをしている最中は、まったく自分に余裕などないで、日焼け対策は気をつけていませんでした。とにかく、あの時毎日が必死過ぎて、自分の身なりや日焼けなどに気が回ることができないほどの生活でした。今、子供が大きくなってきて自分のことにやっと目を向けることができたときには、もうすでに遅かったです。私の両腕には、しっかりと日焼け対策をしてこなかったせいで無数のシミが残っています。子供が男の子であり、人よりもてがかかり、その2年後にも男の子を産んだので、家の中より天気の良い日は毎日外遊びをさせていました。あと、暑い日でも散歩も欠かさずしていました。その結果、わたしは夏でもシミのある腕を出すのが恥ずかしく、長袖を着ています。

今の日焼けの部分の肌色は、4くらいのレベルでしょうか。5までのレベルなら、まあ許せるかなと言う感じです。マックスの10がピークであれば、半分の5くらいまでのレベルでしょう。5くらいのレベルなら、季節的に天候的に比較的過ごしやすい感じがするからです。夏の日焼けシーズンより、曇りの方が紫外線が多いと聞いたので、梅雨の時期も日焼けを気にするような感じがします。でも、春から帽子をかぶったり、マフラーを巻いてくびを焼かないようにしているときもあります。夏になると、最高レベルの10になるので、車を運転するときは必ず、日焼けの手袋、それも腕までの長い手袋ですね。そして、毎日のUVケアの日焼け止めを顔から足まで塗るような感じです。でも、子供が小さい時の数年は全くしていません。

日焼けしてしまった後には、とにかく熱を取る作業をしていました。私の肌は、日焼けすると黒くなるのではなく、赤くはれる傾向があるので熱を持つのです。だから、まず氷水で冷やしたりします。そして、冷たい化粧水を塗って肌に水分を補給するようにしています。すると、徐々に肌の熱が取れて肌がしっとりしてきます。美白ケアとしては、美白にききそうな化粧水や美容液をつけたり、食べ物にも気を使いました。できるだけ、水分を補給したいのでキュウリやトマト、果物、グリーンの葉物を食べるようにしました。すると、肌ははりがあるようになりました。なので、特に日焼けをしたからと新たに美白化粧品を買うことはありませんでした。以前からもっている化粧水や美容液を利用しています。来年は、シミを薄くしたいのでできるだけ家にいようと思います。