顔うっすらとくすむ程度(40代・女性)

30代の時ぐらいまで、あまり真剣に日焼け止め対策をしてきませんでした。もちろん化粧をする時には下地に紫外線防止の日焼け止めクリームを塗ってからファンデーションを塗るというふうに使っていましたが、そのあとは、ずっと一日中日焼け止めを塗りなおすということを全くしてきませんでした。日焼け止めはだいたい2時間おきにつけないと効果を持続することができないとわかっていたのですが、それでも面倒なので朝一度塗ったきりそのまま1日を過ごしてしまったのです。それが原因で40代になった現在は、頬に小さなシミがたくさんできてしまっています。あの時に、せめて途中で日焼け止めを塗り直すなどの手入れを怠っていなければ今頃、これだけのシミに悩まされることはなかったと後悔しています。

今の肌の色はだいたい6ぐらいです。もともと色白だったのが日焼けによって、頬やおでこを中心にして、くすんだような感じの色になってしまっています。許せるかなと思える肌の色のレベルは3ぐらいです。若い時には色白でよく褒められたので、せめてその状態に少しでも近づけるような肌の色あいに戻ってもらいたいです。夏に日焼けをすると、ホワイトニングケアをしてもなかなか一年では元どおりの白さには戻ってくれません。ましてや40代という年齢からしても、肌の再生力は鈍ってきているので、元どおりの白さに戻ることはほぼ諦めている状態です。しっかり美白できないままに次の夏を迎えて、日焼け対策をしっかりしていてもある程度は皮膚は紫外線ダメージを受けるので、またそこで皮膚に色が着いてしまうという感じだと思います。

日焼けしてしまったあとに、まず基礎のスキンケア製品を全て美白化粧品に変えました。毎日その美白化粧品でお肌のお手入れをすることで少しでもホワイトニング効果が得られることを期待しています。ですが実際に美白化粧品を使ったからといって、すでにできてしまったシミを薄くする効果があるようには思えません。ほんの少しだけシミが薄くなっているような気もしますが本当のところはわからないです。現在使っている美白化粧品が効果がなくても他の美白化粧品に乗り換えることはしないと思います。というのもきっと他の美白化粧品でも効果のほどは同じだと考えているからです。来年の紫外線対策は、飲む日焼け止めも併用してみようと思っています。